PROFILE

コーヘーツインズ・
トロンボーンライブ

田中功平(tb)碓井康平(tb)
竿下和美(tb)

 
★田中功平(tb)
京都府出身。京都大谷中学・高等学校で吹奏楽・マーチングをトロンボーンを通して経験する。理系コースを専門にしていたが高3で進路変更し、音楽の道へ転向することを決意する。
現役で京都市立芸術大学音楽学部管打楽(トロンボーン)専攻へ入学。トロンボーンを呉信一(京都市立芸術大学名誉教授)、岡本哲(京都市交響楽団首席トロンボーン奏者)に師事。また、Oliver Siefert, Bart Claessens, Tomer Maschkowski, Massimo la rosaなど、国際的トロンボーン奏者のプライベート、マスタークラスを受講し、高い評価を得る。
2016年6月、アメリカのメジャーオーケストラのクリーヴランド管弦楽団首席トロンボーン奏者Massimo la rosa氏のマスタークラスを受講し、氏から渡米の推薦を受ける。2017年冬、同氏の元で研鑽を積む。現在、様々なイベントへのソロコンサートの出演を多数予定している。Trombone Quartet NOVA、SLIDE漢祭〜おとこまつり〜各メンバー。
 
★碓井康平(tb)
兵庫県立西宮高校を卒業。現在、相愛大学音楽学部3回生に在学中。第24回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位。トロンボーンを、三窪毅、古賀慎治、岡本哲の各氏に師事
 
★竿下和美 (pf)
大阪音楽大学附属学園にて基礎を学び、京都市立堀川高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業。在学中、学外コンサート、定期演奏会などに出演。ピアノ教育連盟オーディション全国大会奨励賞、堺ピアノコンクール奨励賞、京都ピアノコンクール第二位、長江杯国際音楽コンクール一般の部第一位など受賞。その他泉の森ホ-ル、秋篠音楽堂オーディション合格。在学中より海外、日本各地研修会にて研修を重ねている。自身の活動を『クラシック音楽のバリアフリー化活動』と題しコンサートを展開してきたが、2004年活動が認められ泉大津市より文化賞受賞。現在、ソロ、アンサンブル、合唱ピアニストとしても活動中。また海外ア-ティーストとのアンサンブル、伴奏も積極的に行っている。その他、サックス&ピアノユニット『ティーモ』(サックス中地聖子(武蔵野音大卒)、クラシックアンサンブルVinca(ソプラノ永野涼子、メゾソプラノ中原由美子(共に同志社女子大学学芸学部卒)などでも活動中。西大和学園白鳳短期大学非常勤講師。京都音楽家クラブ、全国音楽教育学会会員。京都市立堀川音楽高校同窓会、京都市立芸術大学音楽学部真声会京都支部役員。
 

戻る