PROFILE

山添ゆかクインテット

山添ゆか(vo)
中島かつき(b)
梶原大志郎 (ds)
井野アキヲ(gt)
稲屋 浩(sax)

★山添ゆか(vo)
兵庫県出身、現在大阪市在住。小中学生から吹奏楽でトランペットを学び、幅広いジャンルの音楽に親しむ。ある日、ジャズピアノの巨匠オスカー・ピーターソンに深い感銘を受け、ジャズピアノの世界に魅惑され、ピアニスト小曽根実氏、作曲家 谷田真也氏に師事する。様々な楽器奏者との演奏を通じ、天性の歌声を一流の楽器奏者に負けないよう使いこなしたいと思い、独学でボーカルの修行を重ねる。2007年4月より、ボーカリストとしてのライブ活動を開始。活動は、大阪、神戸、京都を中心に名古屋、東京、九州、沖縄、北海道など全国に広げている。2010年NHK神戸生放送に初出演してから、今現在では七回ほどの出演を果たす。他メジャーFM出演やメディア等多数出演(全国ネット含)2011年第31回浅草ジャズコンテスト金賞受賞。2015年第16回神戸新開地ジャズヴォーカルコンテストグランプリ受賞。同年9月シアトルにて、アメリカを代表するライブハウスJazz Alleyにて初の海外ライブを果たし200人からのオーディエンスを魅了する。高須クリニックCM出演から矢沢永吉のバンドまで幅広く活躍中の人気ピアニスト秋田慎治氏をサウンドプロデューサーに迎え 2014.8.13ファーストアルバム “My Color”をリリース。各メディアに大きく取り上げられる。只今絶賛発売中。最近では、働く女性から主婦まで、女性をターゲットにしたセミナー会などに講師として呼ばれることや、子供連れの主婦の方などにも気軽にライブを楽しんで貰える様な企画を作るなど、主婦と母の目線から沢山の女性に音楽メッセージを届けることを手掛けている。
 
★中島かつき(b)
京都在住ベーシスト。ボーカルコンテストでの優勝実績もある。京都の老舗クラブ、メトロでの演奏をきっかけに数え切れないセッションを続け、現在のスタイルが確立される。グルーヴ感には定評があり、メジャーアーティストのサポートも勢力的に参加している。所属バンド、サポート、共演者に A Hundred Birds、ボビーヘブ、クレモンティーヌ、コブクロ、もんたよしのり、ワサブロー、ジュスカグランペール、やしきたかじん、TeN、etc。
 
★梶原大志郎(ds)
大阪府出身。11歳からドラムを始め、佐々木晴夫氏に師事。中学時代からライブ活動を始め、高校卒業後、ヤマハ音楽院に入学し、金子敏男氏に師事。現在あらゆるジャンルのセッションや、サポート、レコーディングに参加している。
 
★井野アキヲ(gt)
でピアノを始め、16歳でギターへ転向する。ライブハウス、コンサートホール等で演奏し、来日ミュージシャンとの共演、様々なアーティストやタレントのバックバンドやレコーディング、楽曲提供、アレンジ等も手掛け、テレビやラジオ等の各種メディアにも出演する。 国内の活動にとどまらず、海外のフェスやTVの出演、ライブも成功させている。
 
★稲屋 浩(sax)
1969年生まれ。 大阪音楽大学卒業. 関西を中心にジャズをベース にしたロック、ポップス、テクノなど幅広いジャンルで活躍するマルチサックスプレーヤー。最近の活動として、(元オアシス)のノエルギャラガーJapanツアー参加、やしきたかじん、愛内里菜コンサートメンバーとしても全国ツアーに参加。東原力哉率いるTiffany(vo)のツアー参加。半野喜弘率いる「RADIQ SEPTET」にて2ndアルバム発売。また、持田香織(EveryLittleThing)2ndソロアルバム 「NIU」参加。名探偵コナンの主題歌を歌っていたChicagopoodleのアルバム[LIFE・IS・BEAUTIFUL]にもrecordingメンバーとして参加。その他レコーディング、数々のセッション等活躍中。LIVE活動以外にも音楽講師としてレッスン、その他JAZZサックス奏法、音楽理論等も指導。
 

戻る