【開催概要】
タイトル 神戸BSF 「スーパーライブ」
開催日時 2017年5月5日(金) 開演13:00〜20:30/開場12:30
開催会場 神戸新聞松方ホール
アクセス●https://www.kobe-np.co.jp/matsukata/access/
入場料金 (1日券)一般¥5,000/高校生以下¥2,500 (当日は¥1,000高)/全席自由
未就学児入場不可※満席の場合、再入場できませんので予めご了承ください。
「神戸BSF2017/SUPER LIVE」で検索してください

出 演 者 チャイチー・シスターズ、井上 銘クインテット、広瀬未来ジャズ・オーケストラ、モダンタイムス・ビッグバンド with アンドレア・モティス

1st STAGE13:00~14:10

話題沸騰のお洒落なコーラスデュオ。キュートでスウィンギーなステージ!

チャイチー・シスターズ(vo)

2010年、SARI、YUKAの二人のボーカルから成る Jazz Chorus ユニットとして活動をスタート。The Andrews Sisters など1930年代~1950年代の Swing Chorusを軸にジャズスタンダードナンバーをオリジナルアレンジで演奏。自作の日本語詞を取り入れ、幅広い世代に親しみやすく楽しいJAZZを目指し、ライブやレコーディングにて活動中。2012年5月2日発売のジャズシンガーakiko と共にニューオリンズでレコーディングしたミニアルバム、
“Swingy,Swingy”にてフィーチャリングされる。同月、チャイチーシスターズとしてMotionBlueYOKOHAMAにてワンマンライブを開催。また、akikoと共にNHK BS1「地球テレビ エル・ムンド」のBAND OF THE WEEKへの出演や、Billboard Osaka、Billboard Tokyoでのライブ共演などで活躍。同年12月には、JFN38局ネットの全国放送ラジオ番組「Big Special」にチャイチーシスターズが単独初出演、3時間の生放送で自らがパーソナリティーとなりライブの模様が放送され、好評を得る。2016年6月には待望のデビューアルバム『GirlTalk』を発売。

more

紗理(vo)、出口優日(vo)

富永寛之(gt)

1972年生まれ、兵庫県出身。ブラックミュージックをベースに躍動感溢れるフリーフォームな演奏スタイルで多種多様な音楽を奏でる。ツアーを中心とした活動の他、レコーディングやプロデュースワークも数多い。コンピレーションアルバム「ウクレレジブリ」に参加、以降ウクレレ奏者としての活動も加わり、ジャズギター用のフラットピックを使う独特なスタイルで奏でる哀愁に満ちた音色は欧米から賞賛の声も多い。
2009年に「ブルームーンカルテット」をトランペット奏者の黄啓傑らと結成、映画音楽、歌謡曲をスウィンギーに奏でる軽音楽を展開。また、全国各地でウクレレワークショップを開催。ウクレレマガジン、アコースティックギターマガジン等でのソロウクレレアレンジには定評がある。

more

寺尾陽介(b)

1987年、埼玉県さいたま市出身。中学生の時にベースを始める。18歳で明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」に所属、コントラバスをはじめる。コントラバスを安カ川大樹に師事。これまでにジャズコンボ、ビッグバンドを中心に、若手からベテランまで数多くのミュージシャンと共演。また、Carl Saunders(tp)、Douglas Purviance(btb)、Scott Reeves(tb.alto flg)、Vladimir Shafranov(pf)など海外のミュージシャンとの共演、国内ツアーにも参加している。2011年浅草JAZZコンテストにて駒野逸美(tb)のバンドでグランプリを受賞。

more

大澤公則(ds)

1979年生まれ。岐阜県関市出身。高校在学中よりドラムを始める。高校卒業後、プロを目指し上京。以降ジャンルを問わず幅広く活動。TV、ラジオ出演、フジロック、ライジングサン、サマーソニック等の大規模ロックフェスへの出演も多数。近年はトラッドジャズ等の演奏が多い。

2nd STAGE14:30~15:40

ほとばしるエネルギーと鮮やかな音の構築。天才アーティスト達が描くジャズの未来。

井上 銘(gt)

1991年、神奈川県出身。 高校在学中に、プロのギタリストとしての活動をスタートさせる。2011年バークリー音楽大学より授業料全額免除を獲得する。2011年「EMI Music Japan」よりメジャーデビューアルバム「ファーストトレイン」をリリース。同アルバムはジャズ専門誌ジャズ・ジャパンのアルバム・オブ・ザ・イヤー「国内ニュースター賞」を受賞する。2012年2月には、「Blue Note Tokyo」で開催された「BLUE NOTE Plays BLUE NOTE」に出演。同イベントにて日野皓正らと共演、好評を博す。現在、自己のグループを中心に様々なバンドで全国的に活躍中。風景を描いたような独特の作曲にも定評がある。2012年8月より米国ボストンに移住。日米を行き来しながら精力的に活動している。

more

類家心平(tp)

1976年青森県生まれ。2004年、ジャムバンドグループ「urb」のメンバーとしてメジャーデビュー。同年12月、「タイ国際ジャズフェスティバル」で高評価を得る。2006年「類家心平 4 piece band」を主宰。2006年にDJ、VJ、ペインターのユニット「Landscape Jazz Orchestra」主宰。2007年「菊地成孔ダブ・セクテット」に参加。オーチャードホール、フジロックフェスティバル、ブルーノート東京等で注目を集める。2009年エレクトロノイズ・ジャズユニット「DADA」を主宰。2011年「DCPRG」に参加。ジャズに留まることなくケイタイモやSUGIZOが率いるユニットにも参加し活躍の幅を広げている。「類家心平 4 piece band」では2009年ファーストソロアルバム『DISTORTED G-RACE』リリース。

more

渡辺ショータ(pf,key)

1988年名古屋出身。4歳からピアノを始める。父、渡辺のりおの影響で音楽に慣れ親しむ。15歳の頃にJAZZに目覚める。2003年Donny Schwekendiek氏に師事。2004年から演奏活動を始める。2005年Jazz Funkバンド『赤門』に加入。2009年からjazzに傾倒し、浜崎航Quartet、椿田薫Quintet、noon、金澤英明trioなど様々なツアーに参加。2010年、noonの「Once upon the summer time」のRecordingに参加。同バンドのレコ初ツアーで東京STB、大坂Billboard、名古屋Blue Noteに出演。現在、自身のGroupや様々なアーティストのサポートなどでジャンルにとらわれず、東京、名古屋を中心に全国で幅広く活動中。

more

山本 連(b)

1990年、カリフォルニア州サンディエゴ市生まれ。2009年、洗足学園音楽大学ジャズ科入学。大学時より国立音楽大学「New Tide Jazz Orchestra」に所属 (2009~2011) 。2012年、バークリー音楽大学に編入。これまでに梶原順率いる「梶原順Group」「J&K」のツアー参加。曽根麻央率いるMao Soné QuartetのメンバーとしてワシントンD.C.の全米桜祭り2014のオープニングセレモニーならびにワシントンDCの「Blues Alley」にて演奏。鶴谷智生、白井アキトとのユニット「白鶴山」のメンバー。伊吹文裕とのコラボ、YAMA-BUKI。Brightness Of The Lives(Mao Soné Quartet)、曽根真央、井上銘、木村紘のメンバーとして活動。

more

福森 康(ds)

1985年、 鹿児島県生まれ。高卒在学中より、九州のミュージシャンとのライブ活動やレコーディングに参加。19歳で上京し、都内のジャズクラ
ブやセッションに参加。最近ではTOKU、TrioG、Aaron Choulaiをはじめ都内を中心に幅広い年代のミュージシャンとライブ活動、レコーディ
ングなどに参加。

3rd Stage16:00~17:10

日本トップクラスのプレイヤー達による緻密なアンサンブルと迫力のソロを堪能

10年間のNYでの活動から2014年に日本に拠点を移したトランぺッター広瀬未来が結成したジャズオーケストラ。NY時代フリーランスとして数多くのビッグバンドで演奏してきた広瀬のオリジナル作品、ジャズスタンダード、日本のポップスなどを演奏する。

広瀬未来(tp)

1984年生まれ。トランペットを嶋本高之氏に師事。甲南中学在学時には、「Jazz For Kids」において渡辺貞夫と共演、己のグループや、宮本直介のバンド 「Naosuke’s Hip Bop」などで活動。2002年、中山正治ジャズ大賞受賞。同時に、なにわ芸術祭新人奨励賞も受賞。同時期、DJ TANINAKA, DJ Ful, MC D-skからなるHip Hop Group 「blue CONTROL」にも参加。その他、Global Jazz Orchestra にも参加。2003年10月渡米。ニューヨーク市内の数々のライブハウスに出演し自己のバンドやPrimordial Jazz Funktet, La Excelencia他、多数のビッグバンドに参加。2008年、Pedro Giraudo Jazz Orchestraの一員としてMacau International Music Festivalに出演。2009年、Pedro Giraudoを日本に招聘し、関西在住のプロミュージシャンを集め、スモールビッグバンドを結成しツアーを行う。2009年から参加したサルサバンドLa Ecxelenciaでは全米、ヨーロッパ、カナダのミュージックフェスティバルにも出演。2010年、自身初のリーダーアルバム「A Day in New York」をリリース。ニューヨークのジャズのフリーペーパーAll About Jazz(現The New York City Jazz Record)の編集長、Laurence Donohueからは「ニューヨークのジャズ界に新星トランペッターが現れた。」と評される。2013年、セカンドアルバム、「SCRATCH」をリリース。各方面から好評を受け、All About JazzのEdward Blanco氏から「ワールドクラスのトランぺッターが、説得力があり魅力的な彼の楽曲で、このアルバムを斬新に仕立て上げている」と評される。レコードリリースライブをZinc Barで行い大盛況に終わる。9月にはニューヨークの新進トランぺッターをフィーチャーするフェスティバル「FONT」に自己のクインテットで出演。ビッグバンドのアレンジャーとしても2011年発売のGlobal Jazz Orchestraの「Global Warming」にもアレンジを提供。2014年からは日本に拠点を移し、新たなプロジェクトを立ち上げ活動中。

more

  • 築山昌広(tp)
  • 横山未希(as)
  • 高橋知道(ts)
  • 柏谷 淳(bs)
  • 坂本菜々(tb)
  • 礒野展輝(tb)
  • 中島 徹(pf)
  • 宮野友巴(b)
  • 岡本健太(ds)

Final Stage19:00~20:30

神戸が誇る社会人ビッグ・バンドと、世界が注目する若手アーティストの夢の共演。

モダンタイムスビッグバンド

日本のジャズ発祥の地 神戸唯一の社会人ビッグ・バンド。メンバーの殆どは神戸市内、もしくは近郊に居住か勤務先のある社会人で、会社員、建築士、公務員、看護士、教員、医師、ミュージシャン、システム エンジニアなど、それぞれに本職を持ちながら、学生時代から個々にいろいろなバンドやオーケストラで経験を積んできたプレーヤー。1985年の結成以来、四半世紀以上の永きに亘りグレンミラー、レイアンソニー楽団、カウントベイシー、ルイアームストロング、スタンケントン楽団等アメリカの古き良き時代のJazzサウンドを求めて演奏に取り組んでいる。例年、ホテルでのパーテイーや、企業の懇親パーティー、船上パーテイー、ライブハウスでの演奏活動を行う。綾戸智絵、伊藤君子、.北村英治、Buddy Defranco、雪村いずみ等の一流プレーヤーとの共演多数。2004年、第12回中山正治ジャズ大賞アマチュアの部門大賞受賞。

more

ANDOREA MOTIS(vo,tp)

1995年バルセロナ生まれ。7歳でトランペットに出会い、3年後にスペインのジャズ・ミュージシャン、ジョアン・チャモロの元、サン・アンドレウ市立音楽学校でジャズを学び始める。その後サキソフォンもマスターする。そして10 代の頃から「セント・アンドリュー・ジャズ・バンド」にも9年間在籍し、8 枚のアルバムに参加。トロンボーン奏者のワイクリフ・ゴードン、サックス奏者のジェシー・デイヴィス、クラリネット奏者のボビー・ゴードン、そして同じくサックス奏者のディック・オッツなど、多くの評価の高いミュージシャン達と共演を果たす。2017 年、impulse!よりメジャーデビュー。若干22 歳ながら年齢を遥かに超えた成熟した音楽性と、キュートで美しいルックスを兼ね備えた才色兼備な期待の新人アーティスト。

more